さくら霊園で故人を供養する|家族にも安らぎを与える場所

海で行う埋葬とは

棺桶

お墓や宗教にとらわれない

神奈川県では死後に海洋散骨をする人が増えています。散骨とはお墓や宗教などにとらわれずにお骨を海に還す供養のことです。県外から神奈川県の海で散骨をするために訪れる人も多数います。神奈川県で散骨する場所は江ノ島や葉山がある相模湾や湘南海岸、横須賀のある三浦半島など様々なエリアがあります。業者に依頼して希望のエリアにクルーザーをチャーターすることができます。また他の家族と合同でクルーザーを利用する合同散骨もあります。カメラマンが同乗して散骨の様子などを写真やビデオに撮るサービスも利用できます。散骨をする場合はお骨が海水に溶けやすいようにパウダー状にする必要があります。これも業者がオプションサービスとして行ってくれます。またパウダー状になったお骨は風に飛び散りやすくなります。そのため最近は海水に溶けやすい袋に粉骨を入れて海に撒くケースが増えました。散骨の間は業者が安全面などに気を配ってくれるので安心できます。また家族や親族が散骨できない場合は業者が代行してくれます。神奈川県では散骨のことをよく知りたいという人のために定期的にセミナーを開いている業者もいます。また依頼をすれば専門のスタッフがパンフレッドなどを携えて詳しく説明してくれます。家族の中にはお骨の一部を小さな骨壷に残す人もいます。またペンダントや砂時計などに加工する人もいます。業者によっては骨壷の用意やアクセサリー加工の手配もしてくれるので便利です。